本文の始まりです

輸入住宅は地震にも強いの?

輸入住宅に多い2×4工法や木質パネル工法は、床、壁、屋根パネルの「面」で荷物を支え、地震の揺れに抵抗する構造となっている。

これらの工法でつくられる住宅は、がっちりと組まれた箱のようなつくり。
どの方向からの荷重や外力に対して加えられた圧力を建物全体に分散して受け止める。

力が1点に集中することのない構造なので、建物全体としてはダメージが少なくなるという特徴をもつ。
そのため、これらの工法には、壁の配置などに厳密な設計ルールがある。


無料資料請求
無料プレゼントフォーム

お電話でも受付しています。
TEL093−562−7136
受付時間/10時〜18時 定休日/水曜日
  • イベント情報
  • イベント情報
  • おすすめ土地情報
  • メールマガジン
  • 社長ブログ

本文の終わりです