本文の始まりです

日本で建てても長持ちするの?

木造住宅の耐久性は、湿気対策が重要。とくに床下の湿気対策が大切だが、土壌のうえに防湿シートを敷いたり、防湿コンクリートを打ったり、さらに換気口を設けて通風をよくするなどの処置が輸入住宅においても一般的に行われている。また、結露も木造住宅の大敵だが、壁体内にも防湿シートを用い、さらに断熱をきちんと行うことで、内部結露の発生を抑えている。
耐久性を確保することなどにより、長期優良住宅にも対応でき、税制面のメリットも増える。


無料資料請求
無料プレゼントフォーム

お電話でも受付しています。
TEL093−562−7136
受付時間/10時〜18時 定休日/水曜日
  • イベント情報
  • イベント情報
  • おすすめ土地情報
  • メールマガジン
  • 社長ブログ

本文の終わりです