本文の始まりです

憧れの輸入住宅

雑誌掲載 動画あり

憧れの輸入住宅

八幡西区 H邸

構造・工法 2x4
竣工年月 2008年10月
敷地面積 453.42m2(137.15坪)
延床面積 176.80m2(53.48坪)
雑誌掲載

イギリスチューダー様式の家


ハーフティンバーとレンガ張りのエントランスが印象的なH様邸は、まるでおしゃれな レストランのよう。年月を重ねても流行にとらわれない、重厚な品格が漂うこの家は、 「家で過ごすことが最高の贅沢になるように」との願いを込めて建てられた素敵なおうちです。
リビングに入って最初に目を引かれるのはキッチンの奥に見える「はちみつバター」色の 壁で囲まれた空間。 ヌックと呼ばれるこの場所は、海外では休日に家族でのんびりと遅めの朝食をとったり、 夜は気の置けない友人を呼んでポーカーをしながら語り合ったりと人と人をつなぐ場所と してよく使われます。
H様邸では光と風がたくさん入るように多角形に張り出させ、 庭のデッキへ続くドアと窓を全ての面に配置させることで半屋外のような開放感もあり、 趣味や家事のスペースとしても幅広く活用できそうです。


開放的で明るいリビング

エントランスポーチはレンガでアクセント

リビング上部の吹き抜け


隠すキッチンから魅せるキッチンへ


レンガのレッドブラウンとレンジフードの白のコントラストが爽やかなキッチンは アメリカ、デウィルズ社製。 なんといっても輸入キッチンは日本製にはない美しい細工が特徴。
オープンキッチンが 主流となってきた現在、キッチンは人に見せたくなるようなものであることも大事。 収納も、両側から使える大きめのアイランドカウンターが引き受けてくれます。 3つのペンダントライトが天板の料理を色鮮やかに映し出し、まるで料理教室のスタジオの ような、ため息のでるキッチンです。


輸入キッチンを採用

2階ホールに設置した洗面化粧台

床タイルの模様が特徴的なトイレ


輸入クロスで叶うエレガントな空間


H様の奥様が憧れだったエレガントな花々が描かれたクロス。キャス・キッドソンを はじめ日本でも認知度が上がってきましたが、日本のクロスではなかなかH様の思い描く ようなクロスは見つかりませんでした。
しかし輸入クロスでは花柄だけでも種類が 豊富にあることと、紙から布まで多彩な素材から選べることもあり、H様のお気に入りの デザインを見つけることができました。


輸入クロスを採用した作業部屋

エレガントな花柄のクロス


スタイルで施工事例を探す

無料資料請求

お電話でも受付しています。
TEL093−562−7136
受付時間/10時〜18時 定休日/水曜日
  • イベント情報
  • イベント情報
  • おすすめ土地情報
  • メールマガジン
  • 社長ブログ

本文の終わりです